CPDセミナー【香川会場】20120721

平成24年7月21日(土)に高松市生涯学習センターまなびCAN大研修室にて、『第13回CPDセミナー・公開講座』を行いました。

演題

1.開会挨拶

     四国本部本部長    加賀 晃次 氏

2.CPDセミナー

 演題:「邪馬台国へ詣る道」 ~魏志倭人伝を技術する~

     講師:住谷善慎氏(経営工学部門)

3.公開講座

 演題:「身近でできる防災対策」

     講師:久保雅和氏(香川県防災士会会長)

4.懇親会 

 

◎「開会挨拶」

 

               加賀本部長による挨拶

 

◎「邪馬台国へ詣る道 ~魏志倭人伝を技術する~」

 

               住谷講師よる講演

技術士的解釈による“邪馬台国”についてのご講演でした。“魏志倭人伝”を技術的観点から読み取ったことなど、興味深い内容でした。また、セミナー会場をゆったりと歩きながら、参加者に語りかけるような講演方法は、住谷講師が大学の講義の時にも実践されている方法であり、非常に参考となりました。
 

◎「身近でできる防災対策」

 

               久保講師による講演

今後、発生が予想される東南海地震に対して、市民が実際にできる防災対策をより具体的にお話いただき(ナイロン袋によるトイレ対策等々)、非常に興味深い内容でした。特に印象に残ったのは、“自分の命は自分で守る”という言葉でした。

 

◎「懇親会」

 

              懇親会(高松市内の会場にて)

“京都の町屋”を再現したような落ち着いた会場にて懇親会を開催しました。経験豊かな講師の方々から、マンツーマンでお話を聞くことができ、有意義な時間となりました。